約十年前にコックローチは水戸で結成された。

ただただ音楽が好きで、ただただバンドがやりたかった。

そんな始まりが、まさか十年もの年月を共に歩む事になるとは思ってもみなかった。

このころの僕等は何にも筆を入れていない真っ白な画用紙だった。

それから今まで全国色んな場所で色んな人達と繋がり、

表現の素晴らしさ、難しさ、大切さ、様々な事を経て今に至ったのだ。

「継続」ことこそ「進化」を生み出す。

そう思っている。

僕の中で、コックローチの中でその言葉の意味は変化して行き、

「継続」は単にライブをしたりCDをリリースすることだけではなく、

成長し続ける事に変わって行った。

その集大成がこの間の最終公演だろう。

当時、真っ白だった僕等があれだけ色鮮やかに形豊かに咲き誇り

美しく散っていけたのは、

ファンの方々、支えて下さったスタッフ、家族、メンバー、事務所の方々に

外ならない。

この伝えきれない感謝の気持ちは半分だけ、

この文章に添えさせてもらい、

残りの半分は僕の目指す成功の日まで、持ち越させて下さい。

精一杯、人生を謳歌して生きて行きます。

みなさん十年間有り難うございました。

仁平、祐也、杉、拓也、 有り難う。

戻る